パナホーム 値引き率

パナホームの値引き率について

一戸建てのマイホームを建てようと考えているかたは、どの施工会社、ハウジングメーカーにすべきか、かなり迷うと思います。

 

 

 

ハウジングメーカーごとにも、いろいろな特色があります。それは、施工面でもそうですし、または金額面で、特徴があります。

 

 

 

そういった中で、大手建設会社系のハウジングメーカーやパナホームなどの大手と、地元施工会社の間で、見積もりを取って、

 

 

 

そこで迷う、というパターンも多いでしょう。

 

 

 

パナホームの値引き率というのも、一般的に言われている数字として、5%から、大きくなると10%を超えたり、15%、といったような数字も聞かれたりします。

 

 

 

こういったパナホームの値引き率というのを提示されると、やはりそれに魅力を感じてしまうということろもあるでしょう。

 

 

 

これに対して、地元の施工会社というのは、あまりこういった、大きな値引き率というのは、聞かれないように思います。

 

 

 

このように、こういった、大手と地元のハウジングメーカーの見積もりを比較するにあたって、なかなか難しいのが、値引き率です。

 

 

 

パナホームの値引き率において、よくあるのが、キャンペーンによる値引き率です。

 

 

 

家電メーカーがバックグラウンドにあるパナホームですから、3月などにおいて、決算が大きな指標になっているというのは、なんとなく伺えます。

 

 

 

こういったなかで、パナホームが、たとえば2,3月に、大きな値引き率を提示してきたら、やはりそれは、自分のところだけの特別対応、その営業担当だけの特別対応、この時期だけの特別な値引き率、というふうに思ってしまいがちです。

 

 

 

しかし、特に大手のハウジングメーカーでは、最初の見積もりにおいて、値引き率も加味した金額を提示している場合もあります。そういった点をきちんと見極めることが大切です。

 

 

 

とくに、パナホームの値引き率においては、もともと、オール電化などの内容についての値引きというのが多かったりしますので、その最低限の金額の感覚などを、別のところで得ることも有効です。

 

 

 

TOPページの「タウンライフ家づくり」では無料で各ハウスメーカや工務店の間取りプランや支払総額が比較できますので、

 

 

 

 

値引き交渉に役立つ資料となります。⇒パナホーム 値引き※交渉のポイントのTOPへ戻る